部屋の片付けお任せWEBのTOP>お客様事例紹介

サービス提供に対する想い

便利屋サポートのスタッフによるコラムです。依頼したときのイメージをつかんでいただけると思いますので、ぜひ読んでみてください。

スタッフのひとりごと

みなさん口を揃えておっしゃるのが、「ウチは本当に汚いですよ……」「散らかって足の踏み場もないんですけど、大丈夫ですか?」というお言葉です。それでも私の返事はいつも決まっています。「大丈夫です、どんな状態でも元のキレイなお部屋にお戻しできますよ!」と――。

会社員一人暮らし Tさん(29)宅

先日お伺いしたTさん宅の部屋整理。

今回の依頼時も、いつものようなやり取りをしながらTさん宅へ到着。Tさんはとても朗らかな方で、少し照れくさそうな表情を浮かべながら笑顔であたたかく出迎えていただきました。玄関を開けて、全体の様子をチェック。多くのお宅の場合、この時点でだいたいの所要時間がわかります。今回はトータルで2時間半程度。お見積もりを再度調整します。お見積もりにご納得していただいて、作業開始。一般的に整理と整頓は違うといいますが、今回のTさんの部屋の場合、整頓はしっかりできていて全く使っていない物があまりなかったのが特徴です。作業も一緒に手伝っていただけたのでスムーズに進み、予定時間通りに片付けが完了しました! 事前にいるものを別にまとめていただいていたので、助かりました。

アパートオーナー 匿名希望(55)

遺品整理の件。最近ニュースでも取り挙げられる、孤独死による遺品整理の依頼。

遺品整理について、私たちは「遺族の方への心遣い」を念頭に置いて業務にあたります。この件は、身よりのない一人暮らしのご老人が住まれていた部屋でした。大家様のほうでも、なかなか手をつけられず問い合わせ時の口調からお困りの様子を察しました。作業当日は、すべてお任せという形で作業を進めました。

遺品整理にはいつも独特の雰囲気が漂っています。私には霊感はありませんが、「あたたかみ」というか……言葉ではうまく現せませんが。そういった雰囲気の中、片付けをしていきます。ゴミ屋敷のような状態ではなかったので、リフォームも最低限で済みそうだと喜んでいらっしゃいました。不要品の処分もご依頼いただいて、作業終了後に「頼まなかったらずっとあのままでしたよ! ありがとうございました」といっていただけてすごく嬉しかったですね。